April 29, 2005

機能性胃腸炎

機能性胃腸炎

先日書いた「胃食道逆流症」で様々検索していったら見つけた名前。
機能性胃腸炎は、言わば『中項目』で、その中で胸焼けなどの症状が見られる場合は胃食道逆流症(小項目)に分類されるようだ。

もともと、神経性胃炎だとか、ストレス性胃炎だとか診断を受けていたが、それがどういう症状をもたらすのか、どう治療を施されるのかさっぱりわからず、それでいて薬の効果もイマイチ感じられない不信感はあった。しかし、要するに『神経性』だとか『ストレス性』、或いは医師によっては『自律神経失調』と言うのは、結局胃炎が起こる原因が精神的なものであり、症状は人によって様々だから体にでた症状については平均をとった治療法を
するしかないのであろう。それよりも原因を断つことがもっとも重視されている……ということで、この手の治療がもっとも得意な科は起因を断つ心療内科・精神科、次に症状を治療する内科(消化器/胃腸科)ということになる。

…ということは、以前にも書いた事があるが、ここにきてまた何故『胃食道逆流症(逆流性食道炎)』やら『機能性胃腸炎』という言葉に頼るのか。 [more...]

09:16:52 | route623 | comments(0) | TrackBacks

April 28, 2005

的から外れて25年

まず、JR福知山線脱線事故で亡くなったたくさんの方々の御冥福をお祈り致します。


今日も今日とて人は死ぬ。
殆どの人はとくに注目されず死ぬ。
知らないところで起こる『死』に対し、人はその他の日常的な出来事となんらかわりなく通り過ぎていく。

物事……『事実』そのものには幸も不幸なく、善悪もない。その『事実』をどこから見てどう捉えるかで、人間が幸不幸や善悪その他いろいろを勝手に決めつけていく。先入観、環境、『事実』に対する自分の位置関係。そういうのに左右されて判断基準がかわる。だから、すべて人は物の捉え方が違う。
それをある1つの流れに向かわせてしまうのが情報だと思う。
逆に言えば、自分でも物事の捉え方をコントロールすることができる。

いや、話を戻すと、生きる目的がある人の命が奪われるのはやるせない。何様のつもりでのうのうと生き延ばしている奴らがいっぱいいるのに、なんでそういう奴等が淘汰の対象にならず、無作為に、結局は「平等に」死に選ばれる。

もし、必要性のない順から死ぬんだったら、最近は目的がなんだかさっぱりわからなくなってきて何となく生き延ばされている自分は間違いなく底辺ランクだからお迎えがくると思うよ。
でもそうなるとエリートばっかりの世の中になるから、それはそれで困るのかな。

事故や事件を目にする度に「なんで自分じゃないのかな?」って思うことがある。たまたま運良く矢が外れただけかもしれないから、死なない間は何かしら、誰かしら意味をもって生きていきたいな、と思う今日この頃。


23:25:26 | route623 | comments(0) | TrackBacks

胃食道逆流症(逆流性食道炎)

最近、調子がいい……と思っていたが、そうでもない。
と、いうか、今まで色んなところがおかしかったからピンポイントで拾えなかったけど、他がよくなって悪いところが浮き彫りになってきた、といったほうが正しい気もする。

この2週間ぐらいは胸焼けと喉の奥の違和感をよく感じる。
胃液があがってくる感じというか、吐き気とちょっと違う不快感がある。特に食後(食べ物を食べたあと)数時間がしんどい。
胃食道逆流症逆流性食道炎)』とか言われているやつの症状が近いのだが、医者に診断されたわけじゃないのでわからない。 [more...]

01:28:36 | route623 | comments(0) | TrackBacks

April 25, 2005

奇妙な夢の二本立て

今朝の目醒めは悪かった。
立て続けに意味のわからない奇妙で後味の悪い夢をみた。

甥のカブト虫4匹を、次女(甥の母)が気持ち悪いから家で飼うのを禁じたので、うちで面倒をみることになった。引き取ったのはたぶん私の母なのだが、結局は母も甥も面倒を見ないので私が世話をしていた。100円ショップで売っている棚置きの書類整理するプラスチックのケースにラップをかけているだけの粗末な簡易虫カゴに、一番大きい雄のカブト虫1匹、小さい雄1匹と雌2匹に分けて入れていたが、同時に4匹とも逃げ出してしまった。
左手で小さい2匹、右手で小さい1匹を捕まえたので、近くに居た長女に何でもイイからビニールを持ってきてと必死に頼むが、長女は意地の悪い薄笑いを浮かべて見ているだけだった。
すると左手の2匹が手の中から逃げてしまい棚の隙間に逃げ込もうとしたので、引っかくように無理矢理捕まえたら1匹の片方の硬い羽がとれてしまった。
大きい1匹が棚によじ登るのを目で追い、両手の中でカブト虫がもがいていてる気持ちの悪い感覚を感じ、甥達に何で逃げたのか責められるだろうと思いながら、「早く何か取ってよ」と喚いているところで目が醒めた。


もう1つは、友達からの不穏なメールを読む夢だった。それでも、その中に幾つか希望のある言葉を見つける度に、嬉しさと同時に哀しさを感じながら、一体私に何を求めているのかわからず、うまく返す言葉を捜せないまま、社交事例のような返事を書いていく。

さっき思い出したけど、たぶんいちばん最初にみたのは、韓国のオルタナ系インディーバンド『COCORE』がまた日本でライヴをやっていた夢。

なんじゃこりゃ。
なんか、メッセージ性が高い夢のような。。
自分を少しは見つめなおせた気でいたけど、結局行ったり来たりしている。


13:29:51 | route623 | comments(0) | TrackBacks

草むしり人生

今日、草むしりをした。

アレさ、雑草を全部抜いてやっとこさ終わったと思って顔をあげると、また細かい雑草が目に入ってくるね。
やれやれと思ってまた抜く。
で、完璧に抜いたとしても、また数日後には生えている。

そこでふと思ったが、生きてると必ず多かれ少なかれ問題があって、それを根こそぎ解決すると、同じことで悩むことはあまりない。でも、根が残っているとまた芽をだす。放っておけばじゃんじゃん問題は増えるし、少ないうちに摘んでおけば、解決しやすい。
除草剤をまくと、雑草は死ぬけど、そのほかにも有害な影響がでる。そうすると元も子もないから、結局地道に摘むのがいい。

パズルでも思う。目に入った部分のピースが揃っても、視野を広げると絵になってない部分がいっぱい見えてしまう。そしたらわかる部分から埋めていかないと、結局何の絵なのかわからない。死ぬまでにパズルが出来上がるとは思わないけど、それが何の絵の一部だったかは知りたい。
より多くの空白を埋めるために、カケラを幾つもはめ込んで、正しいものをみつける。自信がもてる。

ん?人生とかいって。
人生ってなんだ?

01:14:30 | route623 | comments(0) | TrackBacks