February 04, 2006

ウルフルズ『サムライソウル』(2/4改定)

ウルフルズ『サムライソウル』


ウルフルズ『サムライソウル』


久々の新譜、4曲入りマキシシングル『サムライソウル』が発売になった。

タイトル曲「サムライソウル」はトータス松本が世界のミフネこと三船敏郎にインスパイアされて作ったらしいが、何故最近の男はこぞって侍になりたがる?
流行りか?Y遺伝子のせいか?
しかしどの侍が本物の“侍魂”を持っているかは知らん。

M−3「一輪車」が自分的には凄く響いた。ソフトな大応援ソング。M−2「はばたけ」ってジャイヴっていうのかね、あのリズムは。去年のヤッサで演奏された。
M−4「バンザイ〜まだまだ好きでよかった〜」は新たに録音されたもの。ベースに注目。(苦笑)

この「サムライソウル」、曲は文句無しにかっこいい。クセになる曲である。しかし私にとっては難解である。いまいち耳に馴染まない。
曲が悪いのではなくて、要は経験不足だったり環境が違うから、全然別次元の事のように聴こえるのだ。
これ、物凄いラヴソングだ。


とある既婚のウルフルズファンのお友達が“「バンザイ」の情熱版”といい、すごくイイ曲だといった。
未婚かつ単品の私は「心(Stupid&honest)」や「夢(トロフィー)」と同じカテゴリと思い、イマイチ感じきれていない。
どれもトータスの歌だし、どう思おうとどうでもいいことなんだけどね。
だた、感じ方がはっきり分かれたな、と思った。

この曲は濃厚な、深い「愛」の歌である。
いままでに本気で人を愛したり、愛されたりした人は歌の中の“俺”か“お前”のどちらかの立場で聴くだろうし、この歌の深さに触れられるんだと思うけども、如何せん若い私は自分を無敵にするほど愛する人に出会ってないし、愛する人を無敵にさせるほどの言葉はいえない。そこまで深い愛情はまだ持ち合わせていない。

そもそも愛って、一人称で語れるもんじゃないのよ。
だから愛の謎は1人では永遠に解けないのさ。

……と、カッコイイ事いうけどさ、だから本当の「愛」を知ってる既婚のお友達はイイ曲といえて、本当の「愛」を知らない私にはイマイチ感じられない、というのは当然のリアクションだったんじゃなかろうか。

そういえば、昨日の『オーラの泉』で濱口が「君は『人に親切を施す優しい自分』が好き」と言われてたな。わかるわ〜それ。
愛を知らない人間の悲しい性だね。
(美輪様が「愛を知る人は『施す』という感覚がないのよ」と言っていた。)
そういう人間には『サムライソウル』はわからんな。


しかし、私のサムライのイメージはジュリーの『サムライ』なんだよね。孤独を背負って闘うっていうか。安らぎに背を向けてるっていうか。
二足の草鞋は履きたくない一本気なこだわりは感じるよな。笑えるぐらい真剣で実直で、ちょっと卑屈なとこもあったりして。それは己の筋を通すためだったり……

あ、もしかして、そういうこと?!

この歌の「サムライソウル」は己の筋を通すってことか。
あ〜、なるほどね〜。それが愛という言葉であっても、本質的には『己の筋を通せよ』という歌なのか〜……な?
ちょっとわかった。共感する部分をみつけたわい。
ということは、世の男子は『筋を通すこと』がカッコイイと感じているんだね。捨てたもんじゃないね。しかし真直ぐ生きる事とと我が儘は別だからな。

ああ、感じるまでに時間かかったけど、この後ハマるかな。
おいらはかなり筋通して生きてるぜ。世間的にはどうかと思われても、どうしても曲げられないし譲れない部分はある。若干卑屈だけどね。許すのは、世間の目じゃなくて、最終的には自分が納得いくかどうかが大事だしね。

という解釈をしてみたけど。。。本当のところはわからない。
そして、トータスのいう『男とは』を読み取れない……正直。。。
つーことで、ライヴ待ち。
Posted by route623 at 09:08 P | from category: 音樂 | TrackBacks
Comments

なおこ:

こんばむはー
サイトリニューアルおめでとう!って遅いか・笑
ジオメトリックっていうんだっけ?
こういう一定の模様、レトロでよいね♪

最近日本人もサムライって言葉に憧れて
失ったものを取り戻そうともがいてる感があるよね
物事が失われてからその意味や重さ、輝きを
知ることが多すぎる生き物だよ人間って
切ないね

失った後でイミテーションを作って
なんとかその輝きだけでも感じたいと
もがく人間の業は古今東西今昔変わらないんだろうなぁきっと

なんてな・・・
(January 31, 2006 10:41 P)
:

:

Trackbacks