February 08, 2006

『ROOTS66』を見に行った

1966年生まれのアーティストが集って行われた『ROOTS66』なるイベントをみにいった。
楽器隊の人はバックバンドとして常に演奏し、ヴォーカルの人は2〜3曲ずつ歌うスタイルだったので、ふだん一緒にやらない面子がやっていたのでとても新鮮だった。
ほぼ同じメンバーが演奏をしていたので、バンドの転換の時間もなく、スムーズでとてもよかった。

感想は……
田島貴男1人勝ち。
いや、影の功労者はヒックスヴィルの木暮さんだ。
ほぼ全曲弾いてた。木暮最高。

スガシカオもよかったし、
斉藤和義もすごいよかった!
この2人の歌声はとてもソフトで心地よかった。
(そりゃ田島貴男と比べたら、みんなナチュラルボイスに聞こえるよ。)
斉藤さんの『スローなブギにしてくれ』は最高だったなぁ。。うっとりした。。。

で、トリはトータス松本だったけど浮いていた。
馴染めてないの?ってききたいぐらい浮いてた。
やっぱり歌は群を抜いてエネルギーがあったけど、イベント的にはカラーが違う感じだった。
しかしウルフルズメンバー以外の演奏で『バンザイ』を聴けるとは。。。豪華な『バンザイ』でしたよ。(笑)
演奏うめぇー。

で、トリのトータスの『銀河鉄道999』〜全員参加、『勝手にシンドバッド』『今日の日はさようなら』。
アンコールで『勝手にしやがれ』を歌いました。


でも、イベントを自分のものにして、その中心で輝いていたのは田島貴男だった。サザン歌っても、ジュリー歌っても田島だった。。。
歌でもなんでも、田島貴男は全部飲み込んでしまう。飲み込んで田島オリジナルにしてしまう。やっぱり天才なんだなぁ。。。

Posted by route623 at 12:43 P | from category: ライヴ参戦記 | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks