August 11, 2006

映画タラレバ:『アルジャーノンに花束を』

今日、ダニエル・キース作『アルジャーノンに花束を』を読み終わった。
もう既に何回読んだかわからんが、毎回主人公チャーリーに対する感情移入の仕方が変わる。最初に読んだのが中学の時だったが、何度も読みながら自分の成長もなんとなく感じる本というのはそうあるもんじゃない、と思う。

1959年にアメリカのSF小説誌に中編作品として発表され、後66年に長篇として改作され、以来多くの人に読まれている。確か2度映画化されている。

あらすじは、IQ68の青年チャーリーが手術に因って驚異的な知能を身につけるが、同じ手術を受けたネズミのアルジャーノンの知能の急速的な発達と衰退を目前にし、果ては同じ道を辿るであろう自分の行く末を察する、という話。その過程を一人称の「経過報告」、言わばチャーリーの日記という形で綴っているのである。
(最初の部分は知能の低い青年の文章であるため、誤字脱字が多い。もちろん原作は英語であるので、日本語訳するにあたり相当な苦労と工夫をされたであろうことは、本を読めばよくわかる。)


で、『アルジャーノン〜』、といえば、かの氷室京介が感銘を受けモチーフにした楽曲(アルバム)を作成したり、日本でもユースケ・サンタマリアと広末?かなんかでドラマ化されたり、舞台などでも演じられている。
そんなことはどうでもいいが、ユースケじゃぁねぇ〜と見てないのにいうのは何だが、やはりこれも改めて映像作品化されるにあたり、妄想キャスティングしてしまうのだ。
しかも、香港キャスト。やっぱりね。

未読の方にはまったく意味がわからないと思うが、

●主人公チャーリー・ゴードン=トニー・レオン

他にできる人居ないでしょ。
80年代後半の作品(『癲[イ老]正傳』88年かな?)で精神(知的)障害者役を演じているし、人気者、孤独、アクション、コメディ、シリアス、風水師から医者、キチガイ警官、マフィア、詐欺師…同じ顔でありながらどれも同じ人物に見えない何色にも染まる不思議な役者である。

●ビークマン大学のストラウス博士=黄秋生アンソニー・ウォン  インテリである上に、欲深さを感じさせるような。

●パン屋の店主ドナーさん=エリック・ツァン。
●仲間のジョウ・カープ=黄一飛ウォン・ヤッフェイ。ジジイすぎるか…
●フランク・ライリィ=劉青雲ラウ・チンワン。傍役にはもったいないけど。
●ジンピイ=チャップマン・トゥ。やっぱり下っ端…
●ハーマンおじさん=ン・マンタのおっちゃん希望。
●チャーリーの両親=ユン・チウ&ユン・ワー(理髪師)
 …ってカンフー・ハッスルじゃん。
●妹ノーマ=セシリア・チョンかな。ヴィッキー・チャオの方がいいかも。(どっちも若すぎる?)

●精薄者センターの先生でありチャーリーの愛する人でもあるアリス・キニアン=ケリー・チャンかジジ・リョン。渋いとこついてクリスティーナ・チョン(『裏町の聖者』のお相手)とか。
(チャーリーが周星馳なら張敏っていいたいところ。15年前ならね!)

●アパートの隣の住人・フェイはスー・チーとか。アーティステックであばずれで正直者な感じの人って他に浮かばない…。


以上。
相変わらずアンドリュー・ラウ寄りのキャストだが(笑)
こんなイメージで改めて『アルジャーノンに花束を』を読んでみたいと思う。
いやー、トニーのチャーリーみてみたい!







03:45:43 | route623 | comments(0) | TrackBacks

映画タラレバ:『インファナル・アフェア』

前出かもしれない(記憶にあるような、ないような)。

ブラッド・ピットが製作権を買い取ってハリウッドリメイクが決まった、
香港映画『インファナル・アフェア(原題:無間道)』。

原作(香港版)では、影帝アンディ・ラウと国内外でも評価の高いトニー・レオンという香港映画界きっての二大巨頭が主演を務め、香港及び中国・台湾でも歴代の興行成績を塗替えを公開年の映画賞を総なめにした快作である。

『無間道1』は単品で見ても完結する作品であるが、主人公達の成り立ちをより掘り下げるための「過去」を描いた『無間道2』、更に別のベクトルから描かれた『終極無間(無間道3)』の全てをみることで、大河的ともいえる超大作になる。
本作は脚本、手法、撮影など製作の全てに於いて香港映画界に革命的な風を吹かせた作品であり、その後の作品たちに大きな影響を与えたのである。

さて、HW版『インファナル・アフェア』。
既に英題が決まっていたが、なんだっけ?
主演は、ラウ警部(アンディ)=マット・デイモン、ヤン(トニー)=レオナルド・ディカプリオだそうだ。
リメイク権を買った張本人のブラピは「自分が演じるには歳をとり過ぎている」といったそうだが、アンディ&トニーとブラピって同年代だよ。アジア人が欧米人より若く見えるからと言って、レオたちではちょいと若すぎる気がする。リメイクとはいえ、まったく同じはならないし、できない(文化や宗教的背景が違うから。)と思うが、香港映画の大スター>レオ&マットって感じもするんだねぇ。

私が思うところ、存在感や演技力を総合してベストマッチと思う俳優は

●アンディ・ラウ=トム・クルーズ
●トニー・レオン=エドワード・ノートン

これほかならぬ。制作費バカ高いであろう。しかし、『インファナルア・フェア』はそのぐらいの価値のある映画なのだ!……と力んでもしょうがないんだけど、トムがリメイク権を買っていたら、とタラレバを思うのである。

ちなみに、ヤンの通う精神科の先生役のケリー・チャン、ラウ警部の婚約者マリー役のサミー・チェン、ヤン(とラウ)のボス役エリック・ツァン、ウォン警視役アンソニー・ウォン、ヤンの弟分キョン役チャップマン・トゥ……と、彼・彼女らにハマる俳優も考えちゃったりして、『妄想版・無間道』を勝手に作り上げるのである。
ケリーはシャーリーズ・セロンかなぁ〜。
アンソニー・ウォンはロバート・デ・ニーロ希望!

豪華すぎ!


02:25:00 | route623 | comments(0) | TrackBacks

February 08, 2005

ヤング・シンチーと無間道3

今日もヤングな周星馳の映画を1本と、
とうとうインファナルアフェア3(無間道−終極無間)をみてしまった。

無間道3は、日本で2(無間序曲)が公開になってすぐに3本買ったのだが、見るのが勿体無くて封印していた。
しかし、とうとう見てしまった!

無間道は、1は単独でみても成立し、2はなぜ「1」に至ったか…キャラクターの背景(時間的には「1」の数年前)を描いたもの。3は「1」の直前と直後が描かれ、「1」をより深くみる為のものでもあり、まったく違う複雑なストーリーがある。

これは一大スペクタクルだ。

続きでもあるけど、別に見なくてもいいし、みると『人生は多面体であり、複雑に入り組んでいる』と感じる。
内容は書かないけども、1からの面子に、新たに加わった香港四天王の黎明(レオン・ライ)が涼しいお顔でかっこいい!!!
(ちょっと鳥肌実に似てるけど)

『英雄』で始皇帝役やった陳道明(チャン・ダオメンかな?)も出ていたが、巧い!

そして、3で劉徳華は梁朝偉を抑え台湾金馬奨(ゴールデンホースアワード)で主演男優賞を獲得したとか。納得です!!


あ、ヤング・シンチー?
香港黒社会もの。
ボスの息子役で相変わらずブン殴られて血みどろでした。




23:58:45 | route623 | comments(0) | TrackBacks

January 27, 2005

1週間以内にみたDVDのメモ

賭神 (周潤發/劉徳華/張敏)
賭聖 (周星馳/呉孟達/張敏/呉君如)
賭侠 (周星馳/劉徳華)
賭侠2(周星馳/呉孟逹/コン・リー)

逃學威龍 (周星馳/呉孟達/張敏)
逃學威龍2(周星馳/呉孟達/張敏/アテナ・チュウ)
逃學威龍3(周星馳/呉孟達/張敏/梅艶芳)

龍的傅人 (周星馳/元華/テレサ・モウ)
百變星君 (周星馳/呉孟達/梁詠[王其])
行運一條龍(周星馳/鄭秀文/葛民輝)

家有[喜喜]事  (周星馳/張國榮/呉君如/黄百鳴)
家有[喜喜]事'97 (周星馳/黄百鳴/呉鎮宇)

癩[イ老]正傅 (周潤發/梁朝偉)
悲情城市  (梁朝偉)


安[女那] 同 武林(鄭伊健/楊千[女華]/倉田保昭)
炮製女朋友 (趙 薇/鄭伊健/谷徳昭)

地下鐵  (梁朝偉/楊千[女華]/張震)
行運超人 (梁朝偉/楊千[女華]/谷徳昭)

(年代、鑑賞順不同)


22:07:04 | route623 | comments(0) | TrackBacks

November 22, 2004

【逃學威龍3】【情聖】【1:99電影行動】

本日も周星馳映画を2本+監督作1本を観賞。

●逃學威龍 三之龍過鶏年(英題:FIGHT BACK SCHOOL 3)
●情聖(英題:The Magnifcent Scoundrels)
●1:99電影行動


『逃學威龍 三之龍過鶏年(英題:FIGHT BACK SCHOOL 3)』
出演:周星馳/張敏/梅艶芳/黄秋生ほか
監督:王晶

逃學威龍シリーズの最後、パート3は、前2作とは監督が異なり(パロディー大得意のコメディー映画監督の王晶(バリ−・ウォン))、また内容も学校とは一切関係ないある意味《大人の》映画になっていた。もちろん王晶の映画なので下らないネタは満載。しかしそこにしっかりと「せつなさ」があるのも王晶映画である。
これまた星爺がカッコイイ。あの人は色気があるのね。(笑)
でも相変わらず「俺はカンフーマスターだ!」とか言ってる。
また、張敏が美しい!!!梅艶芳もカッコイイ!!!

逃學威龍シリーズと思うと全然違うものなので、これは単独の映画と思って見たほうがよいかも。大変面白かったです。



『情聖(英題:The Magnifcent Scoundrels)』
出演:周星馳/テレサ・モウ/元華ほか
監督:李力持

話がわからない。。。相変わらず星仔の役は、口八丁な安いペテン師だった。
テレサ・モウは星仔と騙し騙されいつの間にか相棒(?)のようになってしまうおかしな女の役。龍的傅人(レジェンド・オブ・ドラゴン)で共演していたが、どちらの映画もテレサ・モウは比較的間の悪い女というか間抜けな役。この映画は星仔が要領のイイ奴なので、余計おバカに見えてむしろ気の毒になる。
元華も、龍的〜でも星仔のお師匠様として共演していて、新作『カンフーハッスル』にも太極拳の達人を快演。ようするに、顔からして功夫使いのオジサンなのだ。胡散臭いカンフーマスター。
見どころはアップルって役の女優の巨乳。
つまらなくなかったけど、腹抱えて笑える、って程ギャグが伝わらないのは残念。何度か見ないといけない。


『1:99電影行動』
SARSで元気のなかった香港を元気づけよう!と香港の俳優や監督など、香港の映画界に関わるたくさんの人たちによってつくられた短編映像集。(1作がほぼ1分程度)
周星馳は『香港必勝』の監督をしている。ファミリーを題材としているが、お母さん役は『カンフーハッスル』で獅子の咆哮が必殺技の達人を演じている女優さん(元秋かな?)。この人もいい顔。
梁朝偉とクリストファー・ドイル(王家偉映画のカメラマン)の作品がとても美しかった。
『狂想曲』はヒデキみたいなカツラをかぶって歌う劉徳華と杜[シ文]澤が気持ち悪い!(笑)
黄秋生の息子と父親みたいなのもとてもよかった。

とはいえ、短いながらもストーリーがわからず。。。これこそ広東語の勉強の教材にはちょうどいいかも。


02:26:57 | route623 | comments(0) | TrackBacks