April 17, 2012

スカートめくりは男のロマン

乃木坂46のスカートめくりダンスが話題になっている。

批判の中に、青少年がなんちゃらでダメとかいう意見があるが、それは的外れだ。

スカートの中身は宇宙であり、スカートめくりは男のロマンではないか!
それを若い娘が自ら、しかも正面から見せるとは何事か!!


男たちの夢を奪うとはなんて罪深い。
問題はそこだ。


さて。
男心をくすぐられる、スカートめくりしたいアイドル、“プリンセス・オブ・スカートめくり”は誰か。

私は若い頃のキョンキョンの右にでるものはいないと思う。

ショートカットのキョンキョンの制服姿を想像してみよう。イタズラ心に火がつくであろう。

そして、廊下で追い越しざまに斜め後ろ(ここポイント)から「ひらりっ」

きっとキョンキョンは、キャッ、とスカートを押さえ、「なにすんだよーッ」とかなんとか男言葉で言って追いかけてくるであろう。


たまらん!
たまらんじゃないか!
川平Jばりにクーッてならんかね。

(でも、そのシチュエーションは、パンツを凝視するためのものではないことを理解してほしい。なぜなら、追い越しながらなので、よく見えないのだ。わかるかい?)


最近のアイドルにこの天真爛漫さがない!最初から女が見えるのは何故だ!10代のアイドルにはそんなものいらん!


現代において、スカートめくりがにあうのは、吉高ちゃんくらいだろうな。でも違うんだな。なんかどんくさいからめくられそうなだけなんだよな。


パンツが見えるのは、故意ではなく、風や自転車、または本人の行動により不可抗力で見えてしみったときの方が、こちらが覚悟してない分トキメキは上のはずだ。


関係ないが、乃木坂46の生田という娘が、つみきみほみたいでかわいい。センター気質ではないが、ぜひ七福神に入ってほしいものだ。




どうでもいい話だ……。


00:23:59 | route623 | comments(0) | TrackBacks

April 07, 2012

一年前のこと

花見の季節だ。
私はこの季節が大好きだし、大袈裟ではなく桜の咲く時期は仕事を休んでずっと眺めていたいくらいだ。


去年は震災の後で、花見自粛ムードが漂っていた。石原都知事が自粛しろと言ったと世間は騒いでいたが、実際なんと言っていたか覚えているだろうか。

石原さんの意見に私は概ね賛成だった。
みんな知らなかったはずだ。花見シーズンの仮設トイレなどの備品が都ののもので、設置に税金が使われていることを。
都立公園、公共施設は、そうやって運営されている。


石原さんは、それを都内で使うより被災地に使いたいということを言っていたはず。度が過ぎる酔っ払いのために使われている税金や労力をカットしたいという話だったはずだ。

都民の福利厚生というか、慰安というか。イベント事に不自由がないような配慮…税金払ってるからその恩恵は受けてよいともいえるが、去年は物理的に、絶対的に不足していたのだから、私は自治体のものとはいえ、融通してしかるべき、と思った。

そして、泥酔してものを壊したり、救急車を呼んだりする迷惑な人たちについて、それは今すべきか?ということについて言及したが、花見はするなとは言っていない。静かに花を愛でることを否定していないのだ。節度をもって、という話だ。


私は、去年に限らず、今年も、ずっとそう思う。
花見だから、飲み会だから、泥酔してよいわけではなく、他人に迷惑かけないよう節度を持つべきだ。
無駄を嘆く前に、自分の気を引き締めるよう心がけたい。


もう一度、石原さんの発言を聞きなおしたい。
もちろん、すべてを支持しているわけではない。
これについては、ということ。


12:59:15 | route623 | comments(0) | TrackBacks

April 06, 2012

ガビーン

いま、昼休でぷらぷら@自由が丘…


アジア系の外国の方に、流暢な英語で写真撮って、って話しかけられ、何を求められているかもわかった。写真も撮ったし。


但し…

一切英語で返せず…

なぜか広東語が頭に浮かぶし…


なんてどいひー。。
サンキューにたいして何てかえすんだっ?みたいな…



さすがにヤバい。


14:17:29 | route623 | comments(0) | TrackBacks

April 03, 2012

夢にでる

最近、50回転ズが夢にでてくる。

間違いなく好きだが、好きすぎるのか?!


内容は一緒に仕事しているのだ。
先日はPV撮影(私はコーディネーターみたいでロケハンとかもしてたようだ)、その前はライブかレコーディングか。こだわりがあり、実に真面目で真摯で、きっちり筋を通すので、こちらも彼らのオーダーに応えるために頑張る、という夢。

実際の彼らはわからん。
一度話をしたことがあるが、ダニーが高熱で具合悪く、なかなかつっけんどんで、それが体調のせいなのか、関係なくお前なんて興味ねぇなのかわからず。(多分後者かと)
でも、別にむかつかないよ。彼らは私からみてものすごくロックに対して真摯だし、新作出す度にキッチリとスキルあげてくるし、ライブもどんどんうまくなる。
プライドをもってきちっと主張してるから、嫌みがない。
でもちょっと生意気で、それがまた凄くいい。


私はそういう人が好きだし、凄く憧れる。

謙遜が美徳な日本人だけど、謙遜することで実力以上にみせる魔法の言葉なときもある。
だったら、全力をだして本当にいいものができたなら自画自賛してもいいと思う。だって、他人様にお渡しするものは自信をもってこれ以上ない!って言いきれるものでありたいし。

でも、それは自分の実力の範囲の中で出し切った、という話だから、良し悪しは他人に委ねるけどね。


仕事として、約束を果たすために、手加減しないしことが必ずしも正解じゃないこともあるけど、そういうやり方をしたくないならあえて茨の道を選ばなきゃいけないこともある。
でも、例え好きなことを好きなように貫こうとしても、真摯に臨めば、きっとわかる人には伝わるはず。


……と信じてるんだけどね。


01:18:33 | route623 | comments(0) | TrackBacks