September 26, 2011

スーパーおばあちゃん

今日、いつもどおり昼飯を社外(野外)でいただこうと、屋根があるベンチを目指した。
生憎先客がいたが、小柄なおばちゃんひとりなので席を空けてもらった。

やたら荷物が多いので、ハイソな街に似つかわしくない雰囲気(自分こそ完全にそれだが)だが、ちゃんとベンチをシェアしてくださった正真正銘の年期の入ったマダムだった。


大きなリュックに、これまた大きなスポーツトート。手作りのお弁当を頬張るおばちゃんにお礼がてら話しかけた。

バリバリのずーずー弁。
そして話が途切れると携帯をかけ、ライトな説教をはじめた。そして切るなり振り返って、

「ダメだァ〜、きんのうお見合いしてやったのに。」

なんて理想的なシチュエーション!
あまりにもイカしたおばちゃんに興味津々。かの目黒と世田谷の境のあの街の中とは思えない空気だ。


「おかあさん、東北?」
伺ってみると、おばちゃんは新潟の上、山形に近い海の方出身とのこと。

おばちゃんは若い頃海女で、それから服飾の学校へ通うため上京し、平行して資格をとって病院、金融、弁護士事務所…などで働き、今はヘルパーで、ケアマネの資格取得の為に勉強している最中という。話の途中でも声をかけられていた。

そんなおばちゃん、
御歳、74。

絶句…。
おばあちゃんと呼ぶには失礼すぎる。
髪も染めずに黒々とし、肌艶もよい。バイタリティに満ちて輝いているおばちゃんと会話して、なんだか情けなくなってきた。


おばちゃんは「アタシゃ死ぬときは老衰だから」と言っていたが、その宣言もまだまだ先の事のように思え説得力に欠けるほどだった。


おばちゃんは仕事に戻るため先に席をたった。

私は、またここでお昼食べましょうね、と言った。おばちゃんも、また会おうね、と言ってくれた。
そしてケアマネの勉強道具が入った大きな荷物を抱え、颯爽と去っていった。


私は何人か素敵な大先輩を知っている。
西荻窪の和菓子屋のおかあさん。渋谷松濤のパン屋のおかあさん。地元東久留米市のおかあさんたち。みんな溌剌として、かわいらしくて素敵な方たちばかりだ。


見習っても、ああなれるかわからないけど、やっぱりいつまでも自分を高めることを忘れない人は美しいんだと思う。


今日も素敵な出会いがあったなぁ。



22:56:53 | route623 | comments(0) | TrackBacks

September 22, 2011

都市伝説

今朝、通勤途中の駅までの道すがら、スケボーに座りタバコをふかす男がいた。あれは都市伝説でお馴染みの関さん(元ハローバイバイ)ではないか?


信じるか信じないかはあなた次第。


08:53:13 | route623 | comments(0) | TrackBacks

September 20, 2011

大好きな「北優」のゴボウスープ

今月は新宿、池袋で北海道物産展をやっている。

物産展は大好きだが、やはり一番好きなのは北海道の。
その中でもっとも楽しみで、必ず買うのが、「北優」のスープとフレークだ。

ここのゴボウスープ、オニオンスープはAIR DOの機内食になっているそうだが、まず最初に口にする北海道の味に選ばれたのは至極当然、と思う。
顆粒状の即席スープだが、極めてウマイ。
ゴボウスープは、ゴボウの滋味と生姜の風味が広がるのだ。
オニオンスープも甘味とほんのり青みも感じられる。

もうね、ウマイんだよ。
ウマイものに対し、ウマイ以外の形容は野暮だよ。

そして、このスープの凄いところは汎用性。万能なのだ。

そのままは勿論、出汁として使うこともできる。
ゴボウスープを豚汁やけんちん汁に使えば、旨味倍増だし、オニオンスープによく炒めたタマネギ、ベーコン、キャベツなんかいれたら最強だよ。

私はロールキャベツのスープにしたけど、いきなり良い味なのでトマトベースにするつもりを急遽そのままにした。
時間も手間もかからずウマイものが食べられるのは嬉しいことこの上ない。

メインもはれるし、味な脇役としてその他を引き立てる。凄いやつだ。


そして、もう1つ。
カボチャ、コーン、ジャガイモのブレーク。
カボチャ、コーンのブレークでつくるポタージュが殺人的にウマイ。
牛乳とひとつまみの塩で手軽に濃厚なポタージュができる。
ジャガイモもあっという間にマッシュポテトが出来て、一品足りないときにポテトサラダを作るのに重宝するのだ。

そういえば、コーンポタージュをオニオンスープで割ってくれたが、これも口当たりがさらっとしながら風味豊かなスープへと変身した。

余計な味付けがされていないので離乳食に、またカボチャはお菓子の材料にもなる。

地震の際は、真っ先に非常食に加えた。



最初はちょっと高いかな〜なんて思ったけど、この味と手軽さは他には代え難い。
本当に大好き。


でも。
勿論スープも最高に美味しいが、売り子のおばちゃんが大好きなんだよね。おばちゃんたちが大好きだから何度も買いに行ってしまうんだよね。


おばちゃんたち、いつもありがとう!
おばちゃんたちもスープも本当に大好き!!


さ〜、これが終わると来年2月までないみたい。来るまでの分を買いだめしなきゃね。


21:35:39 | route623 | comments(0) | TrackBacks

September 15, 2011

女性専用車両

降りる駅の停車位置に階段がくるので、女性専用車両に乗るのだが、やはり化粧してる人いるね。
恥ずかしい。


で、堂々といる(見た目)男性諸氏。
一応女性である私でも気まずい空気を感じるが、なかなかハートが強い。

別に専用車両だからダメと言うわけでなく、実際は優先なんだけども。

でもアレよね。
もしかしたら乙女かもしれないから余計な気配りもよくないよね。

ということで、毎朝観察している。


09:14:03 | route623 | comments(0) | TrackBacks

September 07, 2011

ようやく職にありついた

昨日からバイトにいっている。
9時間拘束は久々なので、まるで社会復帰のリハビリのようだ。

今までと違う作業で、途中からめまいがしてきた。情けない。

実は2社同時に受けていて、両方採用の連絡がきた。どちらも違う形でキャリアにプラスになるものだが、先に連絡がきた会社を選んだ。

決め手はいくつかある。
そのひとつは、窓から外が見えることだ。
そんなこと…と言う人はいたけど、やっぱりパソコン相手にしてると、忠実とはいえ、やはり無機質な存在ゆえに虚しくなるものだ。天気とか気温とか、時間や季節の移ろいを感じられるだけで気持ちが随分違うものなのだ。

前職でも、自宅でも気が滅入ると散歩してたからね。

それが自分にとって大切なのだ。


今日も天気がいい。
同じ格好で下を向く人を横目に、心の余裕を選んだ。

…金銭的余裕を犠牲に。


フフ…


09:07:30 | route623 | comments(0) | TrackBacks