November 17, 2006

大人は忘れ物が多い

某掲示板に自分が投稿した記事を転載。
ちょっといいこと書いてる。

====================================

subject 大人も……


素直に受け止められれば子供たち以上に成長できるもんだと思うんですけどね〜。
いつからでしょうね、要、不要を判断するようになるのは。

省く・捨てるが上手にできるのが『大人』で、
それができるから社会に適応できるんだと思いますが、
本当に捨てていいものか、省いていいものかをちゃんと見極められるように
アタマが柔らかいうちに色んなことを感じる力を養う社会にしたいもんですな。

感受性がない『大人』がいくら子供たちに感受性を教育しようとしたって、無理ですよ。
大人達が「つまらない」という社会の中で子供達はどんな希望をもちますかね。
子供達は社会を見て勝手に学びますから、悪いことを悪いと知らず吸収しますよね。
だからこそ大人が人任せにしないで自発的に楽しむ事を求めていかないと!
子供への教育云々……の前に、大人達が楽しいことを見つけられる心を持たないと!

大人がんばれー!!!

(投稿日: 4月19日(水)12時03分43秒 )

00:00:00 | route623 | comments(0) | TrackBacks

November 16, 2006

素直に書く

文章を書くのは嫌いじゃないけど、得意ではない。
とても難しい。

でも考えている事を文章化して視覚的に捉えると整理され易い。
ごちゃごちゃした思考の破片を1つの箱にまとめると、案外1つの言葉で事足りてしまったりする。思いがけないフレーズが生まれて問題がシンプルでコンパクトになってしまうことだってある。
混乱した時こそ、ひたすら浮かんだ言葉を書く。


でも、人に読ませる為の文章は本当に難しい。
細かく書き連ねるのはむしろ簡単。
でも大概は決まった文字数の中で伝える事を伝えなければいけない。どの情報を間引くか、緩急をつけて一番言いたい事を引き立てるようにするのは至難の技だ。

最近は上手く書こうとか、無理してドラマチックにしようとか思わないけど、だからこそ言葉はきちんと選定する。
普段使わない言葉は、使ったところで心がなくなってしまうから極力つかわない。
単純な言葉で的確に気持ちを表すのは難しいけど、1つでも印象的なフレーズを残せれば、余韻の残る文章にすることができる。更に含みを持たせたら最高だ。

国語の点数が極めて悪かった私がする作業じゃないけどね。


昔、文章で金を貰ってた『プロ』だったからね。一応。
だからこそ、わかりやすい読ませる文章を書きたいと思っている。
誰が読むんだかわからないけど(笑)

00:20:05 | route623 | comments(0) | TrackBacks

November 15, 2006

追記、「はじまりのブーツ」

怒髪天の「武蔵野犬式」の『207』という曲と
『はじまりのブーツ』って同じ内容の曲だね。



中学生ぐらいの時の、初めてロックに触れた時と同じトキメキを感じている。
ロック魂に改めて火がついた!
カッコイイことしたくて、バンドやりたかったんだよな。

22:48:25 | route623 | comments(0) | TrackBacks

はじまりのブーツ

怒髪天
トーキョー・ロンリー・サムライマン

1曲目「はじまりのブーツ」について。

地方から上京してきた時、憧れのブーツを買った。
そのブーツを穿くと少し強くなれるような気がした。
いつしか社会人になりそれを穿かなくなってから退屈な日々を過ごすようになった。
そして、久しぶりにそのブーツを穿いたら涙がこぼれ落ちた。

「くたびれたブーツのカカトでアスファルト ラインを引けば
 ここからが始まりなんだ 何度でも走り出せるさ」

という唄である。
別にブーツじゃなくても、こういうものって誰でもあると思う。
引越の時とか、なんとなく掃除した時に他愛もないものと一緒にそういう「宝物」が出てくる事がある。
見つけた時、やっぱり『忘れていたわけじゃないけど』と心の中で言い訳したりする。
手に取って、あの頃は常に傍にあったのにいつから離ればなれになったのかな…と暫し考えたりする。
[more...]

01:22:11 | route623 | comments(0) | TrackBacks

November 10, 2006

訊いてねぇよ

突然家(実家)に姉がきて、
何やら喋っていたのだが、声が変だったので

「風邪ひいてる?」

と訊いたら、

『ひいてる。でも会社休むわけにはいかない』

と言い残して行った。


訊いてねェよ。
多少風邪ひいたぐらいじゃ、普通休まないでしょ。

大風邪をひいたとき、何故休まねばならないかと云えば、
パフォーマンスが落ちるから=業務に支障をきたすからである。
自分が無理をしたって関係なくて、関係あるのはコストの問題なのだ。数日間ダラダラされるよりは、きちっと1日休んで早期回復の方が望ましい。
要するに、自分の為の休養は、ひいては会社の為、事業を円滑に進行させる為のものである。
休む事も仕事のうちとはよくいったもんだ。休養をとることも自己管理の1つ。それすらできずに無駄に働き続ける人は、それも無能の1つだと思けどね。
いいすぎ?

学校行って出欠だけとったら後寝てる、じゃ意味無いでしょ。
意義は、出欠だけにあらず。内容だぞ、内容。

ま、働かないよりはマシだけど、でもたいして仕事しないで給料もっていくことに罪悪感の無いヤツと比べたら、金が無い自覚のある働かないヤツの方が頭はマトモだとは思うよ。

言い訳か?それ。

13:34:24 | route623 | comments(0) | TrackBacks