April 29, 2006

侍魂

とてもいい文章です。
http://yaplog.jp/hellokeisuke/archive/54

とある年頃の男達は斯くして己の生き様を問う。
真の侍共の唄が聴こえるぜ。

22:36:32 | route623 | comments(0) | TrackBacks

April 28, 2006

大人と喋ると、

今日は“大人”呑みに参加。
初対面(とはいっても間接的には知ってる)の方と同席したが、とても遊び心のあってとても素敵な方々だった。
おかしな話、一番余裕がないのは自分だったな…と思う。

[more...]

05:14:23 | route623 | comments(0) | TrackBacks

パーテーションすげー。

今朝、愛用の愛book(何度もいうけどシェル型タンジェリン)が逝きそうになりました。

エラー-127、ディレクトリ構成がなんとか…
というメッセージがでたんだけど、ノートンさんでも修復できないし、変なファイルできて消去できないし、さすがに今回ばかりはダメかと思った。

[more...]

04:32:21 | route623 | comments(0) | TrackBacks

April 27, 2006

テストだす

初ケイタイからあっぷっぷ




12:52:05 | route623 | comments(0) | TrackBacks

April 25, 2006

山手線止まる

先週から自転車通勤を再開したものの、
腰痛には歩くか、それとも自転車が有効か…と迷う日々。

会社が渋谷の私としては、山手線は要である。
他に行き方はあるがスタンダードなのはやはりJRなのである。

で、10時半頃から山手線が止まったらしい。
ちょうどその時刻は電車に乗っていたかも知れない時間である。
しかも今朝は新宿の着物屋に立ち寄るつもりがあったから、余計に巻き込まれていた可能性がある。ひょっとしたら止まった電車に乗っていたかも知れない……考えると恐ろしいもんだ。

しかし天気がよかったので迷わず自転車を選んだ。スイスーイと都心を駆け抜けるのは爽快である。ちょっとした優越感を感じる。

今回はレール下のトンネル工事が原因のレールの変型。
運転手が異音に気付いて山手線、埼京線全線での運転中止。
そりゃ都内の交通の中心を担う路線が止まったのだから混乱するのは当たり前である。それに、1時間閉じ込められた人、そのうえレールを歩いて最寄り駅まで移動させられた人は不幸であろう。
そりゃ怒って当然だ。

だけど、都心部はどこにいたって、絶対に移動ができる。
止まっては困るが、複数の線を駆使して山手線圏内ならどこにだっていかれるのである。
そりゃ困るが、頭を切り替えればそう困るものでもない。(混むけど)
勿論困るし、工事のミスなんてものはあってはならないけど、不測の事態であっても対処法はいくらでもある。だからそんなに怒る事なかれ。他人事じゃないよ。私はたまたま自転車をチョイスして運良く回避しただけだから。お天気のお陰だったんだから。

それより、もし運行に支障がでたら困るからといってとある運転手が異音を無視していたら。
もし、異常を軽視していたら。
それこそもっと酷い『不測の事態』になったかもしれない。

現場は高架上。もしも脱線して列車が横倒しになったら、確実に下に落ちる場所なのだ。電車でも側道も通るからよく判る。
私はこれは『不幸中の幸い』的なことではないかと思う。
何度も書くけど、確かに何かが起きて困った人がたくさんいたことは事実。大事な用事があった人もいただろうし、閉じ込められて気分が悪くなった人もいるし、電車が怖くなってしまった人も入るはず。だからこんな事態は無いにこした事はない。
でも、脱線して亡くなる人がでるよりはマシだし、事故処理で何日も山手線が不通になるよりよっぽどマシだと思う。

奇しくも今日、JR福知山線の事故の日である。
私は、JRが、運転手が、大事を小事におさめた事も少なからず評価したいと思っている。
あと、我々利用者も心に余裕を持つことも大切だと思う。利便性を求めるのは、やっぱり利用者だからね。大きさはともかくお互い非はあると思うのだ。

改めて、福知山線脱線事故で亡くなった方々の御冥福をお祈りい申し上げます。
そして、今日の山手線不通の事態が、大事に至らなかった事がせめてもの幸いと思います。

02:30:25 | route623 | comments(0) | TrackBacks