September 13, 2005

選挙行ったか?!

今回の選挙は話題豊富で国民の関心も高かったわね。
造反組にマドンナ刺客、新党結成にホリエモン……。

あれー?気がつけば各党の公約よりもワイドショー的ネタで盛り上がってた。でも結果的に関心を高め、多くの人を投票に足を向かわせたというマスコミ様様な選挙でしたな。
けど面白かった。比例が各ブロック毎だって初めて知ったし。比例の候補者が全員当選しちゃったら他の政党に票を分けられるっていうのも初めて知ったし。(笑)貴重な選挙ではあったな。

しかしホリエ然りマドンナ刺客たちも、出馬する土地にエンもユカリもない人が票を集めて当選したり僅差に迫ったりっていうのはオカシナもんだ。これが国民の真意なのかどうかも良くわからん。人気投票かなんか?

無所属だといろいろ制限があったり比例にでれないし(明らかに重複立候補は保険だよな!)やっつけで新党結成してみたものの結局何の公約やら主張があったのかさっぱりわからんところもあるし。所属してるひとがどっちでもいいような発言しちゃうところの意味がわからん。

わしが思うには、今回の自民党圧勝は『自民党が勝った』んじゃないし、『小泉さん人気が勝った』だけじゃないと思うのだね。
むしろ『自民党以外の政党がダメだった』からって気がする。民主党が大敗したのは、小泉政権の批判(っていうか挙げ足取り)をして、もっとも重要な党の主張がよくわからないままだったこと。マスコミの取り上げ方にも問題はあるにせよ、民主党のインパクトは『悪口』だけだった。そんな何言いたいかわからん人が総理大臣になったら日本はヤバイ方向にいくぞ、と思われても仕方ないと思うがね。
そのかわり今回の自民党ないし小泉首相のインパクトは『郵政民営化』だった。民主党の不明瞭さが余計に自民党の輪郭をより鮮明に濃く見せた、というのがあると思うのだね。
墓穴を掘った民主党が、小泉劇場を更に盛り立てたというふうにうつる。

だからさー、人をけなして自分を良く見せようとしちゃダメなのよ。自分を高めないと〜。全部ネガティヴキャンペーンじゃダメなのヨ〜。

だから、民意が『政策重視』で『自民党支持』して圧勝したわけではなく、インパクトがあって、印象に残ったものを選んでしまう人の性による結果だわな。ある種のマインドコントロールだわな、これぞ小泉マジック。自分の意志がない人は、内容の如何に関わらずはっきりモノ言うリーダー的存在にがひかれるもんだ。
でも、郵政民営化賛成で自民党に票を投じた人はそれ以外の公約は知ってるのかね。陰に隠れてしまっている問題も含めての1票だったのかね。郵政民営化以外全部が自分の意志に反していたとしても、文句言えないよ。だから吟味せよ、というのだね。

ま、ワイドショー的あれ、人気投票的であれ、多くの人が関心を持ち、7割近い人を投票に向かわせたということが今回の選挙の有意義なところだと思う。これが一過性のものではなく、これを期に国政に関心を持ち次回も選挙に多くの人が向かえばいいと思う。
もし国政に興味がない!というのなら、白票を投じてその意志を示すという手段がある事を知ってほしい。棄権はなんの意思表示にもならない。逆に言えば国政に関心を持ち得ないという意志を示す義務が日本国民としてあるわけ。つまり選ばない自由というのも権利のひとつ。だから自分の持つ1票の意味をしっかりと感じてほしいと思う。


……っとえらそーなこというけどさ、こう見えても市議選手伝ってたんだわよ。市議だけど。そんときにいろいろ教えてもらったからさ。

00:27:33 | route623 | comments(0) | TrackBacks